fbpx

大地にデトックスする呼吸法!

潜在能力を開花! セルフクリエートの川島啓蔵です。

なんだか疲れが抜けない!
首や背中が重い!
少しストレスが溜まっているかも・・・

そんな時ってありませんか?

そんな時って、不要な感情や不要なエネルギーを手放せずに
大事に抱え込んでいる可能性がありますよ。

今日は、
簡単にリセット出来る呼吸法をお教えします。

鼻から吸って、口から吐く
呼吸って簡単ですが、その吸い方や吐き方によって大きく効果が変わります。

「大地にデトックスする呼吸法」

人は、霊止(ひと)と言って、宇宙や地球などと繋がる霊的な能力を持っています。
その力を発揮して行く方法!宇宙のエネルギーを感じる方法でもあります。

頭頂付近に百会(ひゃくえ)というエネルギーの出入り口があります。
天のエネルギーわ感じるセンサーのようなものです。

この百会をしっかりと意識します。
「氣のアンテナを立てろ!」という記事もまた紹介しますネ
今日は、百会=宇宙を感じるアンテナ(入り口)と解釈してください。

湧泉を開く!

足裏にも湧泉(ゆうせん)というエネルギーの出入り口があります。
こちらは、大地のエネルギーを感じるセンサーです。

☆(運身の改善リサーチや氣功整体でも「湧泉」を開くワークをしたり、施術も行っています。)

普通の呼吸法は、空気を鼻から吸って、口から吐きます。

しかし、「大地にデトックスする呼吸法」は「氣」=「意識」が、百会から入って湧泉に抜け、湧泉から入って百会に抜けるのです。

なんか、よく分からない話ですよね(笑)

もう少し分かりやすく言うと、
空気中には、「プラーナ」というキラキラと光っているエネルギーが存在します。

このエネルギーは、宇宙全体にも遍満している生命エネルギーの事で、私達が生きていくのに必要なエネルギーが空気中に有ると思ってください。

そのエネルギーをいっぱい吸って、不要な感情や体内の老廃物を足の裏の湧泉から大地に吐き出すわけです。

不要な感情や業想念、思念魄などは背骨の近くの「運身」に溜まります。
しっかりと背骨の中をお掃除するつもりで行なってください。

そんなこと本当に出来るのですか?
という人も居るかもしれませんが、信じれる人だけやってみてください。

ポイントは、
吐き出すときに足裏から、地球の中にはっ~~~~っと、体中の毒素やネガティブな思いを吐き出すつよ~~いイメージを持つ事です。

最初は、イメージからスタートしてください。
慣れてくると、現象が起こります。

現象とは、「スッキリする」「身体のダルさが無くなった」「元氣になった」という事、癒手道のワークでもやっているように、誰かに押さえてもらって、はっ~~~~っと息を吐きながら手を下げたりしゃがんだりしてみても、何の抵抗もなく自由に動けたり出来る様になります。

そのような「現象」を感じ「検証」しながらやるととても楽しいですよ。

この呼吸法を実践してから、足の浮腫みが無くなった!
カラダのだるさ、重さが少なくなった!
とっても嬉しいです。。という感想も沢山頂いています。

体内の悪い気(邪気)を体外に出す!
これは、浄化でもあり祓いでも有るのです。

邪気というと霊的なものが憑依するとか考えがちですが、
あなたのネガティブな感情、思いも立派な邪気ですよ(笑)

東洋医学的にも足裏には、全身に関係する反射区(ツボ)が集中しています。
裸足で土の上を歩くだけでも、老廃物をデトックスし内蔵機能などもにも良い刺激を与えるのです♪

ご自身でしっかりとやりましょう♪

氣功整体や運身の改善リサーチのセッションの中でも実際にお伝えしています。

産土様はあなたの一生の守り神
あなたのオンリーワンの神様!!

開運の基本は、産土神社からですよ!

まだ、お調べになっていない方は、
今すぐお申し込み下さい!!! 
60分の開運セッション付です。
(対面、オンラインの、どちらでも可能です)

産土神社リサーチ

産土神社について詳しく知りたい方はこちらです
↓    ↓    ↓

産土神社リサーチの詳細

お問い合わせや、お申し込みは↓↓こちら
こちらをクリックしてください 

お申込みいただいた方の、感想やシェアーはこちらです。
産土神社リサーチの感想・シェアー(令和バージョン)
産土神社リサーチの感想・シェアー集 

関連する人気記事はこちら
「産土神社リサーチ」 何故調べる人によって結果が違うのか?
あなたにとっての、最高のパワースポット「産土神社」で開運する
産土神社リサーチと産土神社鑑定はどう違うのか?
「産土神社リサーチ」そもそも何のためにやっているのか?
所持金50円の家出少年を「産土様」が守ってくれていた


関連記事

  1. 丹田は健康の肝心要!腕振りで心とカラダを元氣にする!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。